心疾患・腎疾患 (犬猫兼用)薬 通販

MENU

犬猫の心疾患・腎疾患

犬や猫も人間と同じように心疾患や腎疾患を患うことがあります。心不全、腎不全、心筋肥大症など犬猫兼用の薬を紹介します。

心疾患・腎疾患 (犬猫兼用) | ペット医薬品の個人輸入代行記事一覧

フォルテコールは、高齢のイヌやネコにしばしば見られる心不全や腎不全の治療薬です。ペットフードやペットの暮らす環境の改善により、犬猫も寿命が延びる傾向にあります。そのため高齢の犬に多い心不全、高齢の猫に発症する慢性腎不全、心筋肥大症(肥大型心筋症)が増えています。フォルテコールの主成分である塩酸ベナゼプリルは、アンジオテンシンIIという物質の産生を阻害する作用をもち、その結果、血管収縮、心筋収縮力増...

ベネースは、犬の僧帽弁閉鎖症(僧帽弁逆流症)、猫の慢性腎不全や心筋肥大症(肥大型心筋症)の病気の治療に効果が期待できます。ベネースは塩酸ベナザプリルを有効成分としており、本来は人間の高血圧の治療薬として広く使われております。犬の僧帽弁閉鎖症は心臓の僧帽弁が上手く閉じない状態になることで、それををカバーしようと心臓に負担がかかり、心臓が弱っていくといわれています。猫の慢性腎不全は、高齢な猫に多く見ら...

リソニド(Lisonid)はチバセンジェネリックで、有効成分のベナゼプリルを含有する血管拡張薬です。ベナゼプリルは、動物用医薬品・フォルテコール錠と同一の有効成分です。有効成分・ベナゼプリルは、末梢の血管を拡げて血圧を下げる薬です。血管を収縮させる物質であるアンジオテンシンUを生成するアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害します。アンジオテンシンUの産生を抑えることにより、末梢の血管を拡げ...