MENU

犬用白内障治療点眼薬

犬の白内障には目薬『クララスティル』

 

老齢の犬に大変多い白内障ですが、9歳の犬では40頭に1頭が白内障を発症しているのだとか。

 

日本で大人気のトイプードルという犬種は白内障にかかりやすいなどの報道もあります。

 

そんな白内障に、目にメスを入れなければならない手術ではなく、「目薬(点眼薬)」で治療に導くのが『クララスティル』です。

 

犬の白内障は手術だと高額費用がかかり、またその成功率も決して高くはありません。

 

そこで、目薬の点眼による治療がにわかに脚光を浴びつつあるのです。

 

この目薬『クララスティル』は、現在【返金保証制度】キャンペーンをやっています。

 


C-NAC(クララスティルと同内容)

C-NAC(N?アセチルカルノシン)は白内障治療薬クララスティルと同成分の犬用の目薬です。

 

犬の白内障は目の水晶体が白く濁っていくことで視力が低下し、そのまま治療をせずに放っておくと失明するケースもあります。

 

主成分であるN-アセチルカルノシンは、アジアとくにおよびロシアで研究が盛んに行われており、白内障の治療に適していることが明らかにされています。

 

白内障は、水晶体たんぱく質とアスコルビン酸塩が長年にわたり交差結合すること(糖化)で、水晶体が硬化・色変することにより引き起こされます。

 

房水(水晶体を取り囲む液体エリア)内では、天然の防衛機能をもつ抗酸化物質が加齢により減少するため、このプロセスが高濃度で進行していきます。

 

主成分のN-アセチルカルノシンは、L-カルノシンを目の房水に送り込みます。L-カルノシンはそこで天然の抗酸化剤として働き、水晶体のたんぱく質が、フリーラジカルによって酸化されるのを防ぎます。